採用情報メニュー

採用情報TOP

代表者からのメッセージ

先輩社員からのひとこと

仕事紹介(社員のある一日)

TRAINING PROGRAM

研修制度

営業スタッフ
内定者の皆さんにも力を貸していただき、コンベックス岡山で開催するイベントに参加しています。受付やご案内、カタログの用意や試乗車の管理です。
たくさんの車種があるので、覚えるのが大変です。
みんなで協力し、ご来場のお客様を笑顔でお出迎えします!
'.$imgobj_pc['alt'].'
'.$imgobj_pc['alt'].'
内定者の皆さんにも力を貸していただき、コンベックス岡山で開催するイベントに参加しています。受付やご案内、カタログの用意や試乗車の管理です。
たくさんの車種があるので、覚えるのが大変です。
みんなで協力し、ご来場のお客様を笑顔でお出迎えします!
トヨタを知るために、トヨタ自動車工場見学へ行きます。車両の基礎や点検などのサービス知識、クルマの査定、任意保険、クレジット、リースなど車の販売に関わる全ての事柄を、約1ヶ月で学びます。営業スタッフ用のパソコンの使い方や、活用方法もこの研修でしっかり学べます!
'.$imgobj_pc['alt'].'
'.$imgobj_pc['alt'].'
トヨタを知るために、トヨタ自動車工場見学へ行きます。車両の基礎や点検などのサービス知識、クルマの査定、任意保険、クレジット、リースなど車の販売に関わる全ての事柄を、約1ヶ月で学びます。営業スタッフ用のパソコンの使い方や、活用方法もこの研修でしっかり学べます!
職業体験であるインターンシッププログラムの講師として1年間身につけてきた力を発揮します。大学生を対象に自動車販売会社の営業スタッフという役割がどのようなものか伝えます。自身の成長を再確認することが出来ます。また、自身の就活も振り返り後輩となる学生へアドバイスもしています!
'.$imgobj_pc['alt'].'
'.$imgobj_pc['alt'].'
職業体験であるインターンシッププログラムの講師として1年間身につけてきた力を発揮します。大学生を対象に自動車販売会社の営業スタッフという役割がどのようなものか伝えます。自身の成長を再確認することが出来ます。また、自身の就活も振り返り後輩となる学生へアドバイスもしています!
サービスエンジニア
自動車に関わる仕事をする者として、またお客様へ交通安全に関するアドバイスをする者として自身の運転適性を知り、事故を起こしにくくする対策へつなげます。

ここで教わった事を自身が守ることはもちろんですが、お客様にもお伝えすることができる。これは私たちが持っている魅力の一つだと考えています。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
自動車に関わる仕事をする者として、またお客様へ交通安全に関するアドバイスをする者として自身の運転適性を知り、事故を起こしにくくする対策へつなげます。

ここで教わった事を自身が守ることはもちろんですが、お客様にもお伝えすることができる。これは私たちが持っている魅力の一つだと考えています。
トヨタ自動車株式会社による認定制度です。
トヨタのサービスエンジニアとしてまず目標とするのがトヨタサービス技術検定1級の資格です。

1級に認定されるとエンジニアウエア右腕に一人前の証がつきます。このエンジニアウエアを着ることができるのは、誇りだと思います。

入社後はステップ研修を重ね、基礎を充分理解しながら一歩ずつ一人前の道を歩んでいきます。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
トヨタ自動車株式会社による認定制度です。
トヨタのサービスエンジニアとしてまず目標とするのがトヨタサービス技術検定1級の資格です。

1級に認定されるとエンジニアウエア右腕に一人前の証がつきます。このエンジニアウエアを着ることができるのは、誇りだと思います。

入社後はステップ研修を重ね、基礎を充分理解しながら一歩ずつ一人前の道を歩んでいきます。
現在では診断機によるトラブルシュートが当たり前になりました。不具合が発生した時のデータを読み取りどの信号から異常を検知したのかを調べます。お客様がお話になる事とデータを総合的に考慮し、不具合部位を推定します。その後、推定部位の点検を実施し不具合部位の特定に至ります。
まずは、診断機を使いこなせる事が大事です。もちろん自動車の制御に関する知識も大事です。進化し続ける自動車の安全安心を守るため、研修も真剣に取り組みます。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
現在では診断機によるトラブルシュートが当たり前になりました。不具合が発生した時のデータを読み取りどの信号から異常を検知したのかを調べます。お客様がお話になる事とデータを総合的に考慮し、不具合部位を推定します。その後、推定部位の点検を実施し不具合部位の特定に至ります。
まずは、診断機を使いこなせる事が大事です。もちろん自動車の制御に関する知識も大事です。進化し続ける自動車の安全安心を守るため、研修も真剣に取り組みます。