東京国体の開会式、
トヨタの「多治見サービスセンター」
視察


 九月二八日は、第六八回国民体育大会「スポーツ祭東京二〇一三」の開会式に参加してきました。東京調布市の味の素スタジアムに天皇、皇后両陛下をお迎えして、選手団の入場、式典、式典演技と続きました。開会式は夕暮れ時の午後五時からで、演出はオリンピックに向けたスタートといった印象でした。オリンピックの東京開催が決定していて本当に良かったと思った瞬間です。その後、トヨタ自動車の張名誉会長が日本体育協会の会長として選手団の入場行進時の答礼に立ち、式辞を述べられました。張名誉会長は東京オリンピックの誘致活動でも大きな役割を果たされており、トヨタの一員である我々も東京オリンピックが将来の世代から良かったと言われる波及効果が出るよう、できることで協力していきたいと感じました。
 トヨタ関連のニュースでは七月に完成した「多治見サービスセンター」(岐阜県多治見市)を視察してきました。当センターは販売店のサービススタッフの育成や車両修理技術の研究・開発を目的に新設されたもので、設備としては四階建ての研修棟、1・3qの周回路に加えて、国内外の路面を再現した特殊路面(ベルジアン路、波状路等)からなる「走行確認路」を備えています。先進の技術と職人技を合わせ持った人材の育成とトヨタサービス精神の伝承、「正確・親切・信頼」というトヨタの原点が隅々まで徹底した施設を、これからのサービスに生かしたいと思います。
 

岡山トヨタ自動車(株)
代表取締役社長
梶谷 俊介