印象的だった
豊田社長の言葉。
湯郷ベル・本田監督
への感謝の気持ち。


1月25日、名古屋で開かれたトヨタの代表者会議に参加してきました。全国から販売店の代表が600人くらい集まりましたが、その会議の席でトヨタ自動車の豊田社長が言われた言葉が印象に残っています。「何のために仕事をするのか。それはトヨタを選んだお客さまに幸せになっていただくため」。加えて「日本の技術、特に職人の手仕事を再評価して、次世代に残していきたい」とも言われていました。世界に生産拠点を持つトヨタのトップが日本の伝統技術を伝承することがメーカーが生き残っていくために不可欠と表明されたことは大きな意義を持つと思います。会場には鉄板を手で叩き出して作ったトトロ人形が展示されていましたが、有意義な時間でした。
  最後に。岡山湯郷ベルを2001年の発足当時から率いてこられた本田美登里監督が退任されました。卓越した手腕とお人柄でチームをトップリーグに押し上げるなど、本田監督が築かれた功績は素晴らしいものです。コミマガにも私との対談で一度ご登場いただきました。この場を借りてお伝えせていただきます。お疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。
 

岡山トヨタ自動車(株)
代表取締役社長
梶谷 俊介