楽しみにしている瀬戸内国際芸術祭。
地元ではホタル復活の取り組みも。


   前号でお知らせした「マルシェ・ジャポン・キャラバン」が5月22日(土)、23日(日)の2日間、盛況のうちに無事終了しました。岡山初の開催ということで不安もありましたが、たくさんの方に食の魅力を感じていただいたようで感謝しています。次回、また開催できるよう気持ちを新たにしているところです。
   また、この夏の注目といえば、やはり「瀬戸内国際芸術祭」でしょうか。「海の復権」「島×生活×アート」をテーマに、7月19日の海の日から瀬戸内海の7つの島と高松を舞台に行われるこのイベント。17の国と地域から75組のアーティストが参加し、サポーターや地元の人々と一体となって創り上げる新しい感覚の芸術祭です。アートというモチーフを通じて、さまざまな人、さまざまな文化が結びつくのではと期待しています。岡山・香川の魅力を再発見できたらいいですね。
   身近な楽しみでは、地元の「酒津のホタルを親しむ会」という取り組みに参加しています。幼虫を育て、放流して、ホタルを復活させる運動ですが、幼い頃から親しんできた酒津の自然が再生すればと願っています。たくさんのホタルが美しく舞う…。早く実現したいですね。
 

岡山トヨタ自動車(株)
代表取締役社長
梶谷 俊介