新潟で観戦したJ1の試合。
あの熱気を岡山にも、ぜひ。
 毎回ご好評をいただいているコミマガ巻頭エッセイ「社長のちょっと独り言」。今回は、ファジアーノ岡山の木村社長をお迎えしてのスペシャル拡大版。ファジアーノの現況から展望まで、本音を交えて熱く語り合っていただきました。

梶谷
木村社長の印象ですか? とにかく一生懸命で情熱的。もちろん行動力も半端じゃない。正直それくらいパワーがないとクラブチームの運営はできないと思います。もともとは同級生からの呼びかけが就任のきっかけだったんですよね。
木村
はい。岡山に帰ってきたときは、周りから何か企んでいるんじゃないかって勘ぐられていたようです(笑)。でも人口200万人の県でプロスポーツチームがないのは、疑問というか残念でしたね。桃やマスカット以外にも全国に岡山を発信できるものは? 岡山県民が誇りをもって胸を張り、燃えられるものは? そう考えるとやっぱりスポーツしかないと思いました。
梶谷
木村社長の岡山をなんとかしたいという気持ち、よく分かります。
私もチーム岡山球団設立推進委員会の代表として同じような思いです。野球でもサッカーでもバレーボールでも、もっと岡山の人にスポーツを見る愉しさを知って欲しいですね。ファジアーノの試合をスタジアムで観ましたが生で見る試合はホント、音と空気が違いますよね。
木村
おっしゃるとおりです。ファジアーノの一試合当たりの平均観客数は、現在3200人。J2昇格条件の3000人はクリアしています。目標は桃太郎スタジアムを1万人の観客で満員にすることです。もちろん、J2を目指すにあたってスポンサーの確保など、さらなる営業努力が必要です。
梶谷
J2昇格のためには、成績や観客動員以外にもいろいろなハードルがあると思いますが、チーム運営にはどのくらいの予算が必要ですか?
木村
プロチームになるには、最低でも年間4〜5億円の予算が必要です。ファジアーノの今季予算は、2億1000円。この数字はJFLの中では下から3番目です。J2の平均予算は、13億円。私としては、来期予算を4〜5億円に設定しています。スポンサー探しからファン層の拡大まで、まだまだやるべきことは、山積していますね。
梶谷
ファジアーノを応援することで県民がひとつになって岡山が元気になったらいいですね。
木村
新幹線のぞみが停車する駅から徒歩15分以内で行けるスタジアムは、全国でもここ桃太郎スタジアムだけです。たとえばJリーグの試合なら全国からサポーターが岡山にやってくる。浦和レッズの試合にはレッズサポーターが4000人詰めかけます。ファジアーノを起点として必ず、人の交流、地域経済の活性化が実現すると思います。
梶谷
岡山に真のスポーツ文化を定着できたらいいですね。私たちも応援します。がんばりましょう。


ファジアーノ岡山

前身は川崎製鉄水島製鉄所サッカー部OBチーム「リバー・フリー・キッカーズ」。チーム名のファジアーノ(fagiano、ファジャーノ)はイタリア語でキジ(雉)を意味する。キジは、昔話の桃太郎に登場する動物で、上に羽ばたこうという意志をあらわしている。チームマスコットはキジをイメージした「ファジ丸」。ホームスタジアムは桃太郎スタジアム。現在、J2昇格をめざして奮闘中!!

現在の戦績は、JFL3位(9月25日時点)。
4位以内でJ2昇格となる。がんばれ!! ファジアーノ。




1試合平均3259人とJ2昇格ラインはクリアしているが、J2平均は6300人。ぜひスタジアムで応援しよう!!



代表取締役社長
梶谷 俊介